SERVICESサービス

パッチ式脳波センサーの
サービス展開

PGVのパッチ式EEGは、小型軽量、非侵襲で装着感が少なく、医療機器同等の精度を持っており、現在こうした特性を活かしたサービスを展開しています。ニューロリサーチ、睡眠受託解析と脳年齢計測を中心に、様々な業種の企業や研究機関と共に脳波計測を進め、その更なる可能性の検証を開始しています。

ニューロリサーチ

ニューロリサーチ(マーケティング)とは

人間の行動の95%は無意識が決めていると言われていますが、私たちが感知できるのは顕在意識のみです。そのため、インタビューやアンケート等の従来行われてきた手法だけでは、意思決定や消費行動に至る潜在意識にはアプローチできないことが課題とされています。当社は、そのような潜在意識のブラックボックスを読み解くために、脳波を軸とした生体情報を用いてユーザーの「本音」の理解に迫ることに取り組んでいます。

現在、企業のR&D部門や新規事業開発部門との研究開発、製品・サービス評価からマーケティングに至るまで、多くのお客様との取り組みを進めています。

ニューロリサーチと脳波計測

これまでも脳の活動状態を観測するために電磁波を利用した磁気共鳴機能画像法(fMRI)等が用いられてきましたが、計測コストが高額であり、また被験者が横たわった状態で測定するため適合しない調査対象もありました。一方で、近年、新たな技術選択として、簡易な脳波計測機が利用可能となっている中、当社パッチ式EEGのような精度の高い脳波計測機が求められております。

PGVのニューロリサーチ

従来は、脳波のように繊細な生体信号を、医療研究などコントロールされた環境以外で計測することは困難とされていました。PGVでは、様々な技術ノウハウを駆使してノイズ発生の影響を極力減らし、日常生活に近い環境でより人間の生の感情を反映したデータを集めることを目指しています。

また解析については、脳波の各周波数帯域から推測される状態に加え、心拍データ等も活用した感情評価指標の構築に関する研究活動を進めております。この研究を加速するため、大学と共同研究契約を締結し、ラッセルモデルをベースとした感情・感性指標の開発に専門家の協力を得ながら取り組んでいます。

ラッセルモデルをベースとした指標マップ

ニューロリサーチの進め方

脳波を使った商品開発・リサーチを行うのは初めてというお客様も多くいます。PGVでは、お客様が脳波・生体情報を用いてどのような検証・調査を目指しているか、そのゴールイメージを丁寧にヒアリングした上で実験計画を策定します。また、解析結果のアウトプットについても、事前にご相談を承っています。

お客様の業界の知見とPGVの技術を合わせることにより、新たな発見が生まれること確信しています。

  1. 実験計画の策定
  2. 計測実施
  3. 生体信号の解析

お問合せはこちら

睡眠解析受託

PGVの睡眠解析受託

医療レベルの睡眠解析には脳波計測が必須であり (スマートウォッチや加速度センサでは不可)、PGVは創業以来、脳波計測による睡眠の状況を正確に把握するべく研究開発活動に取り組んでいます。

現在、国立研究開発法人による延べ一万人規模での睡眠計測調査プロジェクトに参画しています。

  • PSG(睡眠ポリソムグラフィー)検査に匹敵するレベルで、AIを活用した「終夜睡眠ステージ自動判定」(米国睡眠学会のガイドラインに則った判定)が可能です。
  • 睡眠モデルのアプリおよびSDKを開発しています。

こうした技術的な優位性を活かし、睡眠解析受託サービスとして、学術研究機関、臨床試験受託会社、企業の研究開発部門、健康経営企業に提供しています。

お問合せはこちら

脳年齢計測

脳年齢計測とは

1分間の閉眼による脳波計測により、簡単に脳年齢を推計することが可能です。

「脳年齢」という指標は、厳密な定義が確立しているわけではありませんが、“加齢に伴い変化する脳の特徴から推定した年齢”という共通認識の上で使われています。海外での研究も進んでおり、脳波の特定の特徴量が年齢と相関するため、脳波から年齢が推定できると考えられています。

α波の減少やδ波の増加など、脳年齢に係る特徴量は多数存在していますが、当社はAI深層学習を活用することで脳年齢計測モデルを作成しました。

現在、先端的企業のプロモーションイベントやヘルスケア志向企業による集客活動において活用頂いています。

お問合せはこちら

ページ上部へ